Andromeda -ビューティ-はファッションやメイク、恋愛、人気スポットなどのトレンド情報を発信する、女性向けトレンドメディアです。

Andromeda -ビューティ-

ダイエット

若気の至り「ブラックコーヒー&アルコールダイエット」で身体がボロボロ

更新日:

私はまだ短大生だった20歳の頃、見事ダイエットに失敗しました。

とは言う物の、実際に体重は激減したのです。

しかし、無理し過ぎて周りに迷惑を掛けまくり、自分も大変な思いをしました。

体重は減りますが、真似されない事をお勧めします。

 

これから書く内容を私は並行して行いました。

初めに、コーヒーとアルコール多量飲酒です。

ダイエット中、飲み物はブラックコーヒーとアルコール飲料しかほぼ飲みませんでした。

理由は単純で、利尿作用があるからです。

 

当時、私の頭の中は「水分=重い」でしたので、水分を大量に排出し、体重を減らそうと思っておりました。

コーヒーだけで、1日2リットル、アルコールを1リットル以上は飲んでおりました。

 

見事、大量に排出しました。

排出し過ぎて、脱水症状からの血圧低下に陥り、買い物先のお店で意識を失い倒れました。

頭を強打し、病院でCTから精密検査までされて、高い物が付きましたし、家族に大変な心配と迷惑を掛けました。

 

次は、下剤の服用です。

水分と一緒で、私は「便秘=体重増加」でした。

ましてや、ダイエット中ですのでろくな物を食べておりませんし、脱水症状です。

 

なので、自力では排便出来ません。

そこで市販の下剤を服用する事にしました。

今まで使った事が無かった為、効きが良かったのか、壮絶な腹痛で驚きました。

 

服用して何時間後に効いて来るのかも正確に分からなかった為、真冬の夜中にお腹の激痛で起こされ、トイレに閉じこもる事や、大学の講義中にトイレに駆け込む事が多々ありました。

又、友人とのショッピングやランチをしている最中に波が来る事も頻繁でした。

私の場合、一度始まってしまうと1日中緩い状態が続きましたので日常生活に支障をきたしました。

 

又、服用し過ぎで徐々に効果薄れ、内服する量が増えました。

いつ、激痛の波が来るか想定出来ませんし、お金も掛かり地獄でした。

最後に食事制限です。

 

変にストイック過ぎる私は、朝食と昼食は食べましたが、夜はブラックコーヒーかお酒以外、全く口にしませんでした。

しかも、カロリーより重量を気にした私は、お米や麺は重量が重いので食べず、必ずパン1枚。

絶対にスープ類は頂きません。

 

昼食も重量を気にして、ダイエット中にも関わらず重さが軽いポテトチップスや相変わらずのパン。

もう、身体はボロボロでした。

起きているとお腹が空く為、寝ようと思うのですが、人間は余りにも食べないと寝れません。

 

たとえ寝付きは良くても数時間起きに目が冷めてしまい、熟睡出来ませんでした。

極度のダイエットと睡眠不足で、お決まりのバイト中に倒れ、また病院です。

バイト先と家族に多大な迷惑を掛けました。

 

何でも程々が1番だと実感しました。

恐ろしくて今は勿論この様な生活はしておりません。

-ダイエット

Copyright© Andromeda -ビューティ- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.