Andromeda -ビューティ-はファッションやメイク、恋愛、人気スポットなどのトレンド情報を発信する、女性向けトレンドメディアです。

Andromeda -ビューティ-

ダイエット

ダイエットに下剤を使ってみた結果…想像を超えて大変なことに!

更新日:

私は昔からダイエットは沢山してきており、常に体重を気にしているような女なのですが、一番神経質だったのは22歳くらいの頃です。

その頃はかなり痩せており、153センチで40キロでデニムのサイズは22インチでした。

 

骨格が華奢な事もあり、人からは細い細いと言われる事が多かったのですが、もともとはぽっちゃりでしたし太りやすく代謝も良くない体質の為、スタイルを保つにはものすごく努力してました。

今思えば不健康なほどでしたね。0.5キロでも太るのが怖くて、一日に何度も体重を測ってしまうし、翌日少しでも体重が増えていたら一気にブルーになってしまい何もやる気が起きない…そんなちょっと問題のある奴でもありました。

 

死にものぐるいで体重をキープしていましたが、それが難しくなってくる転機が訪れます。それは就職です。

それまではのほほんとしたお気楽な大学生でしたが、就職すると生活スタイルは変わりますし、人と一緒に食事をする機会も増えてなかなか制限ができないですし、新しい環境のストレスもありますし、就職してすぐに

 

私は2キロほど太ってしまい、なかなか戻せずにいました。

かなりの神経質女ですから、2キロも増えると体のラインも変わるしパンツもキツくなりますし、なんとなくオシャレが決まらなくなった事に毎日ストレスを感じていました。

 

そうすると毎日楽しくなくなってしまい悪循環で、ダイエットを試みるも全然効果がなく、逆に便秘にもなってしまいました。

本当に限界までやばいと感じた私はとうとう下剤に手を出す事にしました。

 

下剤を使ったダイエットというのはすごく不健康なイメージがあったので、今まで手を出さないでいたのですが、もう背に腹は変えられませんでした。

同時に下剤で一気に痩せたというダイエット体験談をよく聞いた事もあったので、痩せるかなという淡い期待も持ち合わせていました。

飲んだのはかなり有名な便秘薬です。腸のぜん動運動を促すタイプのものでした。効果が高いと聞いていましたが、普通の量を飲みました。

 

それから数時間後、激しい腹痛に襲われ私はトイレにこもりっきりになりました。確かによく出ますが、こんな風な出方なの!?と思うような、お腹の中のものが全て出て行ってしまうような威力の凄さに効果を覚えました。

トイレから離れられない、家から出られない状態になってしまい、最後の方はお尻に痛みを感じる程でした。

 

たまたま3連休の前の日に飲んだので仕事はなく問題なかったのですが、私の連休はトイレで終わりました。

そして体重を測ってみると、全く減ってないし「こんなに出たのに何故!?」と思いましたが、とりあえずそれから二度と便秘薬に手を出す事は辞めました。

-ダイエット

Copyright© Andromeda -ビューティ- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.