Andromeda -ビューティ-はファッションやメイク、恋愛、人気スポットなどのトレンド情報を発信する、女性向けトレンドメディアです。

Andromeda -ビューティ-

ダイエット

一時はダイエット成功も…お正月のごちそうを食べて失敗

更新日:

私は昔からよく太っていることでいじられてきました。

それを自分の中で受け止めて笑いに変えられるくらいのメンタルを持っていれば良かったのですが、そこまで心が広いわけでもなく、言われたことをそのまま本気にして受け止めてしまっていました。

そんなある日のこと、テレビを見ていると同じくらいの歳の男性アイドルの方たちが華麗なステップを踏んで踊っていたのです。

 

それを見た私は「踊れなくても良いからこのくらい引き締まった体型がほしい」と心の底から切実に思い、ダイエットをすることを決断しました。

今まで一度もダイエットをしたことがなかったのですが、自分が太っているという事実が自分の中でとても気にしていたところでもあったので、痩せるのならば今しかないと意を決して取り組むことにしました。

しかし当時の私は生まれてからダイエットという言葉に無縁だったため調べたことさえありませんでした。

 

そして実際に、しっかりと調べた上で行えば良かったのですが、全く調べることすらせずに自己流のダイエットをすることになりました。

私が行った自己流のダイエット方法とは、まず朝はおにぎり1つを少しずつちびちびと食べ、お昼には野菜を中心としたものを食べ、夜には炭水化物を一切とらずにおかずも少量のみ食べるというかなり過激な極端なダイエット方法を行ってしまいました。

その結果、2ヶ月が経つ頃にはなんともとあった体重よりも14kgも減量することに成功し、外見も中身もかなり変わりました。

 

実際に痩せたことによって自分に自信を持てるようにもなれましたし、周りからの反応も上々で、自分自身で痩せたことが1つの自慢のようにもなっておりました。

しかしそれから約半年が経ったある日、正月の親戚の集まりでたくさんの人たちが美味しそうな料理を作ってきてくれた時のことです。

 

私はみんなで、しかもなかなか食べられない正月だからこそ食べられる焼き豚やおせちや天ぷらを食べれるという喜びから「今日くらいはいいだろう」と豪快に相当な量の食べ物を食べてしまいました。

その一件があってから私は「食べる」ということの幸せを思い出してしまい、毎日のように大量の食事をとるようになってしまいました。

 

そして気付いた時にはなんとダイエットをする前の体重にまで戻ってしまっていたのです。過度な食事制限をしたダイエットは恐怖のリバウンドに繋がってしまうということに気付かされました。

-ダイエット

Copyright© Andromeda -ビューティ- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.