Andromeda -ビューティ-はファッションやメイク、恋愛、人気スポットなどのトレンド情報を発信する、女性向けトレンドメディアです。

Andromeda -ビューティ-

ダイエット

中年以降はダイエットからの症状が多くなってしまった失敗談

更新日:

肥満の食事療法

肥満は、エネルギーの蓄えである脂肪が増えすぎた状態です。適正な体重はBMI(体重(㎏)÷身長(m)の二乗)が22で、26以上は肥満とされまして治療が必要です。

原因がエネルギーの蓄えすぎで、エネルギーを少なくすれば簡単によくなるものですが、実際には空腹感が強くなってしまいまして長続きをしませんでした。

 

成人では、ふとるよりも痩せているほうが健康ですが、急に痩せてくることは良いことではありません。急な痩せ体が使うカロリーに対し、それに必要なカロリーが十分与えられないと痩せます。

絶食や極端な減食、かぜをひき食欲がなかったり、下痢や嘔吐のある場合にも、必要な栄養素が取れません。また高熱や極端な労働でカロリーを使いすぎても急に痩せます。

 

はっきりした理由がわからないで徐々に痩せる場合には、もっと重大な病気を一応考慮する必要があります。

中年以後では、がんを調べてもらいます。糖尿病、胃の病気、肝臓の病気、心不全でも痩せますが、この場合にはそれぞれの病気のほかの症状がありますので、発見は難しくはありません。

結核などの慢性感染症は、痩せだけが主な症状です。バセドー病でも代謝が激しいために痩せてしまいます。肌が汗ばんでいたり、手足が震えたり、目が光って見えたり、動悸がしたりする症状があれば注意が必要でした。

 

また、減量に成功しましても再発してしまうことに苦労しました。

食習慣を改めないとすぐに戻ってしまいました。

 

肥満はエネルギーの過剰蓄積ですが、健康維持のためにはたんぱく質、ビタミン、ミネラルは必要でありますし、肥満療法には長くかかり、エネルギーの少ない、栄養バランスの良い食習慣をみにつけることがダイエットにつながるということでした。

食習慣としまして、3食同点にしまして、夜は早めに食べることとします。間食、特に夜食は意外に高いエネルギーをとるというもので、身近なところに手軽に口に入れてしまうお菓子などを置かないことも、無意識で食べること、カロリー摂取を防ぐ方法です。

 

野菜はエネルギーが少なく、容量が多くて、食物繊維やビタミン、カリウムを多く摂取できますので、体を弱めることがなく、ダイエットのための食として最高でした。

しかし、糖尿病、胃の病気、肝臓の病気、心不全でも痩せますが、この場合にはそれぞれの病気のほかの症状がありますので、発見は難しくはありません。結核などの慢性感染症は、痩せだけが主な症状です。

バセドー病でも代謝が激しいために痩せてしまいます。

 

肌が汗ばんでいたり、手足が震えたり、目が光って見えたり、動悸がしたりする症状があれば注意が必要です。

-ダイエット

Copyright© Andromeda -ビューティ- , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.